天皇賞(春)

天皇賞(春)

天皇賞(春)

天皇賞(春)(てんのうしょうはる)とは日本中央競馬会(JRA)が 京都競馬場の芝3200mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走です。 正式名称は「天皇賞」であるが開催時期からJRAが 「天皇賞(春)」と表記しており競馬ファンや 競馬関係者の間では「春の天皇賞」「春天」「春の盾」と呼ばれ、 また京都競馬場で行われることから「淀の盾」とも呼ばれています。 1938年に4歳(現3歳)以上の牡馬・牝馬(外国産馬含む)限定の 定量の重賞競走帝室御賞典(春)として開催。 春の競走としての第1回は鳴尾競馬場の土2700mで施行されました。 コースは京都競馬場の芝外回り3200m。向正面の真ん中辺りから発走。 いわゆる「淀の坂」を2度駆け上がるため、折り合い・スタミナや持久力が要求されます。 加えて近代競馬では高速馬場に対応できる瞬発力とスピードも強く求められます。 また長距離戦ということでペース配分や仕掛けのタイミングが重要であり、 さらには騎手同士の駆け引きも結果を大きく左右するものであり 騎手の技量も試されるレースであるといわれています。 名称の由来は、1947年宮内庁からの天皇賞の下賜の調整が遅れたことにより 「平和賞」の名称で施行され、 更に1948年から再び宮内庁から天皇賞を下賜された事により 名称が「天皇賞(春)」に変更されました。 負担重量は定量で牡馬・?馬は58kg、牝馬は56kg。 2011年度現在の総額賞金は2億5120万円で1着賞金1億3200万円、 2着賞金5300万円、3着賞金3300万円、4着賞金2000万円、5着賞金1320万円と定められています。 現在の優勝レイは紫地に金文字である。配色自体は秋施行のものと同じでしたが、 開催競馬場における発注業者の違いから春秋でデザインが大きく異なります。

最強ステイヤー決定戦 京都芝3200m〔Cコース〕

6年ぶりにCコースを使用
ようやく中京競馬場がリニューアルオープンしたが、今年も春の京都は変則的となっている。通常は8日間開催だが、今年も12日間の開催となった。前半6日間はCコースを使用、後半6日間はDコースを使用。前年同様の開催日数だがコース区分は異なっている。天皇賞(春)は2週目で、Cコースを使用。CコースはAコースから直線部7m、曲線部6m外側に仮柵が設置される。幅員は21mから32m。芝はオーバーシード(イタリアンライグラス)を使用。JRAの発表によると、3月が低温だったため野芝の生育はやや遅れ気味だが、洋芝の生育良く、良好な状態とのこと。なお、過去10年、Cコースで天皇賞(春)が行われたのはディープインパクトが勝利した06年と、マンハッタンカフェが勝利した02年の2回だ。

菊花賞よりも展開が厳しい
スタート地点は向正面の中間点よりやや左。菊花賞よりもさらに200m延長される。このレースでしか使われない特殊なコースで、外回りコースを約1周半する。菊花賞のスタート地点に比べると、最初の3コーナーまでの距離が十分に取られている状況だが、スタート直後は先行勢のポジション取りで、ある程度速く流れる。マンハッタンカフェが勝った時はいきなり前半600mが39秒6というような、極端に遅いペースにはなったが、このようなケースは例外。基本的には一周目の正面スタンド前あたりまでは平均ペースで流れる。その後にペースが落ちて、各馬が息を入れる。 向正面では平均からやや遅めのペースで流れる。再び隊列が動き出すのが2周目の3コーナー過ぎ、坂の頂上付近。菊花賞と同じように、ここからゴールまでの800mの間、下り坂を利しての目一杯の追い比べとなる。すでに2400mを走った後で、さらにラスト4ハロンで速い脚が要求されるという厳しいレース。相対的にラップ構成を見た場合、菊花賞よりも中盤が緩まないのに、後半のラップも速いのだ。ヒルノダムールが勝利した昨年は、レースの上がり3ハロンが36秒0、同馬の上がり3ハロンが35秒3。時計がかかったわけだが、残り1400m地点からペースアップしての超ロングスパートとなった。非常にタフな競馬で、最後は脚が上がってしまったのは仕方がない。G1にふさわしく、底力が問われた一戦と言えるだろう。

好走馬は先行〜差し
このような展開になると、前々で捌き切って勝つのは至難。中団あたりからの差しも決まりやすい。一般的な脚質傾向としても差し馬の勝利が最も多く、2着は先行馬が多い。逃げ切りと追い込みは非常に困難だ。コーナーをたくさん回るコースという点を考えると、枠順は外よりも内がほしい。過去10年、勝ち馬は14番ゲートよりも内だ。18番ゲートの好走はない。中枠よりも内が有利だ。

1年に1度の特別配信

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング